尺八という楽器は、一体何なのか。はじめての方へ、尺八についてご紹介します。

TOP > 尺八とは > 尺八の音の出るしくみ

尺八の音の出るしくみ

リコーダーと、だいたい同じ。

尺八の音が出るしくみは、リコーダー(たて笛)と同じです。
リコーダーからマウスピースをスポンと外すと、尺八になります。
03
リコーダーは、マウスピースが最適な息の形・角度を作ってくれる。


04
尺八の息を吹き込む部分。リコーダーのマウスピースがない状態と同じ。
(黒い三角の部分は、磨耗防止に水牛の角が埋め込まれている)




唇の形が、決め手。

音の出やすい息の角度を決めてくれていたマウスピースの役割を、尺八は演奏者の唇で行わなければなりません。

07
演奏中。唇の形が、音の出る出ないを決定する。



内部の空気が振動して、音が鳴ります。

息を吹き込むと、尺八の中の空気が振動して、音が鳴ります。

01


尺八には指でふさぐ穴があいていて、それを上から順番にふさいでいくと、音程が下がっていきます。

音程が下がるのは、振動する空気の長さが長くなったからで、この原理は、ピアノの絃の長さと音程の関係と同じです。


02
(参考)ピアノの絃が長くなるほど音程は低く、短くなるほど音程は高くなる。






※一人でも多くの方に見ていただきたいので、この「尺八とは」ページ内のコンテンツに限り、著作権等フリーとします。無断リンク・コピペ転載等歓迎します。